キャノン製プリンターのインクを交換しようとしたら壊れた

私が使っていたプリンターはキャノン製でした。

プリンターを使用して写真を印刷すると、やはり文章など白黒のものを印刷をするのに加えてインクの減りが早くなります。

同じぐらいのタイミングのときに全てのキャノン インク 326がなくなってしまいカートリッジを交換していると、なぜかイエローだけなかなか外すことが出来ずに、交換をするのに時間がかかってしまったため、少し苛立ちました。

そこでちょっとだけ無理やり外そうとしたところ、カートリッジを取り付けるのに必要な爪の部分がきれいに折れてしまったのです。

接着剤でくっつけようとしましたが、きれいにはくっつかず、応急処置としてガムテープで止めてみると何とか蓋が閉まる状態にはなりましたが、蓋が開こうとする力が強いため、かなり頑丈に止めておかないとすぐに蓋が開いてしまい、プリンターが使用できない状態になりました。

1か月ぐらいの間はなんとかその状態で使用していましたが、1か月後に結局新しプリンターに買い替えることになりました。

インクの交換は余裕があるときに丁寧に行うべきです。